老人性イボカソーダ 老人性イボかさぶた

老人性イボにはカソーダ!かさぶたのように剥がしても大丈夫?

 

 

老人性イボができてしまったとき、どのように治しますか?

 

 

・皮膚科や美容外科に行く

 

・セルフケア

 

といった方法を考えますよね。

 

 

皮膚科や美容外科に行けば、
老人性イボをすぐに切除できるので簡単に治療が済みます。

 

 

すぐに切除できるけれど、
時間やお金もかかるので嫌だなという方は、セルフケアの方法を考えるでしょう。

 

 

ネットで老人性イボのセルフケア方法を調べてみると

 

 

・専用のクリームを使う

 

・オイルを使う

 

・カソーダを使う

 

 

といった方法があります。

 

 

老人性イボにカソーダを使うことで、
かさぶたのように取れてしまうといった口コミも!

 

 

今回は『カソーダ』の使用方法をご紹介します!

 

 

 

カソーダとはどんなもの?

 

 

カソーダと言われてもどんなものか想像できませんよね。

 

 

調べてみると

 

・重曹

 

・ひまし油

 

 

この2つを混ぜて使うクリーム状のものです!

 

 

このカソーダは、老人性イボやシミ、
ほくろなどがかさぶたが剥がれるように取ってくれる優れもの。

 

 

また、肌をツルツルにしてくれる効果があります。

 

 

重曹とひまし油を2:1の割合で混ぜ合わせれば完成です。

 

 

そしてカソーダを老人性イボの上に盛るようにして塗ります。

 

 

塗った後は、絆創膏などで押さえておくと、
他の皮膚に付くことがないので安心です。

 

 

カソーダを塗り続けていると、
老人性イボがかさぶたのようになり自然に剥がれて、老人性イボがなくなります。

 

 

老人性イボがかさぶたのように剥がれてしまえば嬉しいですよね♪

 

 

ただ、肌の弱い方は、
老人性イボにカソーダを使って炎症を
起こしてしまう可能性がありますので、オススメできません!

 

 

またピーリングよりも肌への負担が大きいため、
なるべく顔などの皮膚の薄い部分には使わないようにしましょう!

 

 

 

購入もできるの?

 

カソーダは自分で作ることもできますが、
楽天などの通販サイトでも購入できます。

 

取扱店が多いのが嬉しいですし、
値段も1000円前後で買えるのです!

 

 

使ってみることで、
2〜3日で老人性イボが取れる方もいますが、
1か月以上かかる方もいて、結果はまちまちです。

 

 

老人性イボにカソーダを使うことで、
肌に負担をかけてしまうことが分かっているのに
1か月も使い続けるなんて心配という方もいるでしょう。

 

 

老人性イボがかさぶたのように
取れてしまえば嬉しいですが、負担を考えるとあまりオススメできません!

 

 

他にも、オイル使ったり、
専用クリームを使ったりする方法もあるので検討してみて下さい!

 

 

専用クリームは大容量で全身にも
使えるものがあるので、是非試してみて下さいね♪

 

       

 

老人性イボの専用ジェルなら!